葬儀を避けるべき日

親しい人の訃報を聞いたとき、確認しなくてはならないことの一つにその後の日程が挙げられるでしょう。葬儀という式の性質上、避けなければならない日、葬儀を行えない日などもありますから、必ずしも亡くなってすぐになるというわけではないのです。

では葬儀の日程を決めるときにどのような点について考えていくかということですが、まず仏滅をはじめとする六曜などの問題です。
昔から友引は避けるべきという風に言われていますが、そういった暦は仏教に無関係であるため実際はただの迷信であり、それほど気にする必要はありません。
ただし、友引の日は火葬場などが休みである地域が多いため結果的にその日に葬儀は行いにくいという背景があります。

もう一つが火葬場や式場の混み具合といった実際的な問題です。希望する式場にもよりますが、場合によっては1週間ほど待つことになってしまうケースもあります。
特に東京など都心部では混雑することもあり、亡くなった翌日には葬儀が行えず数日空けてから、ということも少なくありません。
ですので希望の式場、日程などがある場合は葬儀社の人としっかりと相談していく必要があります。

上記のように葬儀の日程を決める上で考慮しなくてはならない部分がいくつかありますので日程がなかなか決められない場合もあります。
一般的には臨終の翌日に通夜、翌々日に葬式・告別式というように考える人が多いかと思いますが、思っていたよりも遅い日程になるということも大いにあり得ますのできちんと確認する必要があります。