葬儀を避けるべき日

親しい人の訃報を聞いたとき、確認しなくてはならないことの一つにその後の日程が挙げられるでしょう。葬儀という式の性質上、避けなければならない日、葬儀を行えない日などもありますから、必ずしも亡くなってすぐになるというわけではないのです。