葬儀にかかる費用の実際とは?

身内が亡くなってしまったときには葬儀に向けての準備をすぐに始めなくてはなりませんから、いつまでも悲しんでいるわけにはいきません。
また、実際的な準備といった問題もありますが葬儀にかかる費用の計算も必要となってきます。実際、私自身も葬儀とはこんなにお金がかかるのかと驚いた記憶があります。
そこで一般的な葬儀にかかる費用について紹介していきます。

まず全国的な葬儀にかかる平均費用は199万円程度であることが多いようです。もちろん、地域によっても違いがありますし、大々的に行う家庭もあればこじんまりと済ませる家庭もありますので実際にはこの額からかなりの上下もあるでしょう。
ただ、一つの目安として見ておく分には良いかもしれませんね。

次はその費用の内訳についても見てみましょう。
まず一番大きいのは葬儀一式費用、葬儀本体費用と呼ばれるものです。
祭壇やお棺、位牌等の葬儀のために必要なものの費用で、一般的な葬儀費用と考えられるのの多くはこれのことを指し、平均額も約126万円と内訳の中でも最大額となっています。

次に大きいのは寺院費用と呼ばれるものです。
これは寺院や僧侶に依頼する読経料、戒名料などの金額であり、こちらの平均金額は約52万ほどとなっています。
葬式本体費用ほどではありませんが少なくない割合を占めています。

最後に飲食接待費用です。
こちらは通夜や葬儀で出す料理、会葬者へ渡す返礼品などにかかる費用です。
全国平均は約45万円と寺院費用とそれほど大きな差がありません。

葬儀一式費用はこんなものかなぁと思いましたが飲食接待費用などの経費に関しましては予想以上だったという印象がありますので、予算は余裕を持って考えておく方が良さそうです。